蔵便り

軸屋酒造よりの蔵便りを「権之助甕蔵便り」と名付けて皆様にお送りすることとなりました。蔵の酒造りの様子、新製品、イベントの情報、また、蔵の周囲の四季の様子等お知らせいたします。どうぞご覧下さい。

蔵便り(2009/11/28)

2009年11月28日

11 月11日より自社芋畑の芋掘りをしました。ドキドキ、ワクワクの瞬間です。今年の芋はよくできているかなあ、、、不安な気持ちと、夏の暑い時期に一生懸命 草取りをした日々を思い出しました。結果、、、どっしりとした真っ白なコガネセンガンができていました。大地の恵みに感謝!そして、この日のために暑い夏 を乗り越えてきたみんなにも感謝でした。この芋での仕込みもすぐにスタートし、よい焼酎が出来ています。

こんなに大きな芋が!!


第2回新酒を味わう会にご参加ありがとうございました!=11/19

今年で二回目を迎えることができた「新酒を味わう会」は、地元の小売店様、飲食店様、旅館 の皆様が来ていただき、とても和やかに、とても楽しく開催することができました。昨年初めての会のときに、皆様にご提案して意見を頂いた商品の中で「軸屋  安納芋仕込み」の焼酎がありました。今年商品化することができたこの商品も皆様に飲んで頂き、また、新しい商品のご提案として試飲していただいた焼酎も ありました。皆様からのご意見を大切に、そしてご提案したこの焼酎が来年3回目の会の時には商品化できていることを目指し、蔵のものみんなでまた気持ちを 新たにしました。
今年の芋の出来、焼酎の出来、さまざまな意見がありましたが、これからも私達は宮之城の蔵であること、地元に貢献していく気持ちを大切にもっと地元の方とのふれあいをつくっていこうと思いました。
たくさんの課題も頂きました。その課題をまた一つづつ自分たちのものにしていこうと思います。皆様、ありがとうございました。そして、来年もまたどうぞいらしてください。

~小さなかわいいお客様ご紹介~11/26

蔵の中を走り回っていると、ふと、赤い帽子がたくさん見え、「あれ?」っと、足を止めました。上宮保育園さくら組さんがお散歩の途中、蔵の見学にきてくれました!颯士郎は慣れた足つき(笑)で、蔵の中を走り回っていました。
これからもっともっと寒くなるけれど、風邪などひかず元気にいこうね!来てくれてありがとう。みんなのお父さん、お母さんが喜んでくれる焼酎、造ります!


~蔵子より一言~

製造担当:坂口、田島

坂口:11月もあと数日となり、今年もあと一カ月くらいで終わろうとしています。朝晩はだ いぶ冷え込むようになり、もろみの温度管理、そして自分の体調管理(笑)に注意して仕事をしています。僕は主に蒸留を担当しているのですが、今年は芋の出 来、そして設備を変更した事もあり焼酎の味、歩留まりがとてもよくなっていると思います。これに満足することなく、みなさんにおいしい焼酎を提供できるよ う日々努力していきたいです。

田島:毎日晩酌をするくらい焼酎大好きです!近頃ぼっけもんと祁答院にはまっています。麦焼酎をブレンドしてあるため、さっぱりとした味にひかれていま す。12月はビン詰めが忙しい時期なのでがんばって乗り切りたいと思います。これからも軸屋酒造の焼酎をよろしくお願いします。

蔵便り(2009/11/05)

2009年11月5日

2009年新酒発売のご案内

今年も出来あがりました!新酒のご案内です。蒸留したての焼酎を人の手で櫂を入れ、ガ ス抜きをして、新酒ならでわのフレッシュな香り、味の中に、焼酎の深みを取り入れました。それは、ただ新しいというだけの新酒ではなく、やはり飲んでいた だいた方にその奥の芋の味、その年の芋の味を味わっていただきたく、丁寧に丁寧に櫂入れをしました。香りも驚くほど広がりを持ったものに出来上がっていま す。「レギュラー紫尾の露」1.8L、900MLで新酒のくびかけをして販売です!


11月1日 本格焼酎の日

今年もこの日を迎えました!鹿児島では、蔵元を1101円で廻るツアーがあり、450名のところ なんと!!2600名の応募があったそうです。たくさんの方が焼酎に興味があり、蔵元を是非見てみたいということですね!たくさんのご応募ありがとうござ いました。このツアーだけでなく、蔵では見学可能な蔵がたくさんあります。うちの蔵も見学可能ですので、今の芋焼酎製造最盛期をぜひ見にいらしてくださ い。

*蔵見学につきましては、事前に必ずご連絡下さい。

土曜日、日曜日も蔵見学は可能ですが、製造人数に限りがあり、せっかく来ていただ いたお客様をちゃんとおもてなしできない状況になりかねません。きていただいたお客様にはどうしてもみていただきたいものがあり、また、私たちの感謝の気 持ちをお伝えしたいと思っております。電話:0996-54-2507まで、蔵見学の日、時間、人数などご連絡下さい。お待ちしております。


11月です。駆け足で今年が過ぎ去っていくようで、本当に時間の過ぎる速さにた だただ驚くばかりです。お湯割りの焼酎がさらに美味しく感じられる季節となりました。先月ある焼酎の会で前割の焼酎をお出ししたところ、大変喜んでいただ けました。なかなか黒じょかなどを使って焼酎を飲むことがない慌ただしい日々ですが、過ぎ去っていく残り少ない今年の日々を振り返りながらゆっくり前割の 焼酎を飲む、、人肌くらいにあためた焼酎は最高にうまい!お勧めです!

いよいよ自社の芋畑のイモ掘り準備に入りました。

蔵便り(2009/10/14)

2009年10月14日

皆さんのシルバーウィークはいかがでしたか?連休中事務所はお休みでしたが、製造はバリバリ大忙しの時です。10月になりました。芋焼酎の製造も順調で、新 しい機械を投入したりすると最初のうちはトラブルがあったりするものですが、今のところトラブルなし、台風もどうにか鹿児島をよけてくれているようで気候 も穏やかです。台風がやってくると麹の払い出しを止めたり、空瓶をロープで止めたり、台風対策をとらなくてはいけません。本州を横断していった台風です が、皆様には被害はなかったでしょうか。
最初の蒸留もありました。垂れがよく、製造皆でとても喜んでいます。10月終わりには今年の新焼酎をお届けできる予定です。
今年も蔵の栗や柿の木にはたくさんの実がなりました。実りの秋、焼酎の秋。
10月2日には秋の「美酔焼酎 凛」の一斉出荷となりました。真っ赤なラベルが蔵全体に広がりました。

大切な麹造り/今年の芋も良い芋です

ちょっと休憩。颯士郎の運動会でした/実りの秋です


「美酔焼酎 凛」出荷、皆様ありがとうございました

「美酔焼酎 凛」出荷、皆様ありがとうございました。今年でもう8回目を迎えた「凛」の出荷でした。少しずつではありますが、製造石数も増やすことができ、ストックできる甕も増え、まだまだ数量限定ではありますが、通年の商品としてどうにか市場に出すことができないか、只今検討中であります。
毎年、春、秋、たくさんのお客様にご理解を頂き無事に「凛」を送り出してきました。皆様には心よりお礼申し上げます。私達も麹を変え、芋を変え、美味しい といってもらえる焼酎を造り続けています。その年の気候でも、芋の出来具合でも焼酎のできは変わって来ます。しかし、それを乗り越え勉強し、毎年どの焼酎 も同じクオリティー、味に仕上げる事が私たちの大事にな仕事の一つでもあります。その焼酎を認めて頂けていると自負しながら、今回の「凛」も皆様にお届けしました。
秋の様々な美味しい食材にあわせて、この秋の「凛」もご賞味頂ければ大変うれしく思います。

蔵便り(2009/09/14)

2009年9月14日

今年は何とも得した気分!GWが年に2回あるようですね!
9月のシルバーウィーク(19~23日)配送スケジュールです。商品発送、定休日などのご確認をお願いします。

9月 19日(土) 通常営業
  20日(日) 休業
  21日(月) 休業
  22日(火) 休業
  23日(水) 休業
  24日(木) 通常営業
☆お願い☆
  • 受注締切は当日15時、翌日出荷となります。
  • 交通事情や天候の影響等による遅れが予測されます。
  • 休業中の荷物のお問い合わせはお受けできない場合があります。
  • ロット5ケース以下の場合、配送スケジュールが異なります。

なお、休業中の商品ご注文につきましては、FAXにて承ります。ご不明な点等がございましたら、ご一報下さい。

  9月
受注日 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
出荷日 15 16 17 18 19 24 24 24 24 24 25
九州着日 16 17 18 19 24 25 25 25 25 25 26
関西・北陸着日 17 18 19 24 25 26 26 26 26 26 28
関東・東北着日 18 19 24 25 26 28 28 28 28 28 29
北海道:着日 19 24 25 26 28 29 29 29 29 29 30

日差しや風がずいぶんと秋らしくなりました。朝夕が涼しいですね。
芋焼酎製造の真っ只中、きれいな芋が毎日やってきます。
今年から新しくした芋洗い機の調子もよいようで、芋の発酵具合も抜群です!芋がとてもきれいでつやつやしています。発酵温度、音、味、香り、その日の気 温、色、全てを目に焼きつけ、体で覚え、自分たちの味を造りだします。製造責任者、鍋田が言っていました「酵母や芋の体調も考えて」と。蔵とともに焼酎と ともに、造り手も成長しているのだな、、、と感じました。若い蔵子が作業ではなく、造るということはどういうことなのか考えながら芋と向きい、麹と向き 合っています。是非みなさん、今年の焼酎を楽しみにしていてください。きっと、また味わい深い焼酎が出来あがっているはずです!

新しく導入した芋洗い機

きれいに土を落としピカピカになった芋/もろみが真白できれいです


~お願い~

秋「行楽シーズン」です。運動会、遠足、シルバーウィークなど、楽しい事が盛りだくさん。
お酒は楽しく、そして飲酒運転は絶対しないでください。

蔵便り(2009/09/08)

2009年9月8日

いよいよ芋の製造が始まり蔵が活気付きました!今年はどんな焼酎ができあがるのでしょうか。芋の出来具合、発酵具合、どれも楽しみの一つです。今年の製造は 「白麹」の製造から入りました。この製造が始まるまで、みんなできれいにした蔵です。ぷつぷつと発酵する音を聞いていると、その心地の良さに気持ちが落ち 着きます。毎日が生き物相手ですので日々姿を変えて私たちに何かを語りかけています。もう夏も終わりに近づきました。暑かった夏もあっという間に終わって しまい、過ぎ去ってみると夏もよかったなあ、、、と思うことでした。さあ、秋に向け、一丸となって製造がんばろう!美味しい焼酎を造ろう!8月31日には 製造開始に向け、安全祈願や水神様のお清め、おはらいなどをしました。


9月1日より「ちくりん」の販売を再開いたしました。

早速たくさんのご注文、ありがとうございます。

ちくりん


製造に向け ~蔵子から一言づつ皆様へ~

鍋田(製造責任者)

真夏の蒸し暑さも和らいできた9月。芋焼酎の仕込みの始まりです。蔵に明かりがついて、蒸気がたちこみ米を蒸す香り、芋を洗う音、活気付いてきました!今 年は気候変動が激しいので麹菌や酵母達の体調管理に特に注意し、元気な発酵音を仕込が終わる時期まで聞き続けられるようにがんばりたいです。

東郷(製造)

うちの焼酎を日頃から飲んでくださっているお客様には、「相変わらず美味いな!」と言ってもらえるように、また、焼酎を初めて口にされる方には「これが焼酎か、うまいな」と興味を持ってもらえる様な、そんな酒造りを意識していきたいです。