蔵便り(2006/11/3)

2006年11月3日

今年も本当に早いもので、もう11月となりました。11月1日は「本格焼酎の日」。鹿児島では「本格焼酎フェスタ」「天文館祭り」など、様々なイベントが催されました。酒青会が中心となり、たくさんのお客様に焼酎を振舞いました。これから年末に向け、製造も詰め口も営業も大忙しの時期となります。皆様もこれから忙しい年末へ向けお体ご自愛下さいませ。またこれからはアルコールを飲む機会が増える時期です。軸屋酒造は飲酒運転撲滅運動を行っております。「飲んだら乗るな!」「飲んだらハンドル、にぎらんどー!!」美味しい焼酎を飲んだら、車は絶対に運転しない!!軸屋酒造、全焼酎メーカーからのお願いです。


お歳暮で人気なのが「甕壷入り紫尾の露」です。おばちゃんたちが総出で壷の詰めにあたっています。ベテランおばちゃん3人です。年末の壷の出荷はほとんどが受注発送になっているため、数に限りがございます。御注文の際は一度ご連絡下さい。

甕壷詰め
蒸留釜洗い タンク洗い

蒸留器の掃除中。まるで宇宙船(?)のようではないですか?タンクも毎日丁寧に洗います。掃除に始まり、掃除に終わります。


2006年新焼酎発売開始

10月20日より、今年の新焼酎発売となりました。今年の芋は少し小さいかな、、?と感じておりますが、とても品質のよい芋が入ってきております。新焼酎特有の若々しい香りで、味は芋の甘みがしっかり出ています。自信を持ってお届けする新焼酎は「レギュラー紫尾の露1.8L」サイズ、新焼酎のマークのくびかけをしております!この時期ならではの新焼酎を是非ご賞味下さい。

芋きり作業 新酒2006